World Leaders in Sound Reinforcement

SMART SPEAKERS

Thinking. Inside the box.

ツアリングから固定設備まで、NEXOはそのスピーカーシステムデザインへの真に革新的なアプローチからもたらされた高次元の性能と信頼性により、あらゆるシーンで音響のプロフェッショナル達に選ばれ続けてきました。また、技術的な「初」を数多く作ったNEXOはラウドスピーカーデザインにおけるテクノロジーの先駆者としても広く知られ、全てのアプリケーションに最適なサウンドシステムを提供することを目標とし、製品開発のすべての領域において明確なビジョンを持って取り組んでいます。

以下に、数ある技術の中から、NEXOの”smart thinking”が世界のSRマーケットに対してどのように貢献しているかを示す10の例を紹介します。
1

The Hyperbolic Reflective Wavesource (HRW)

特許取得済のNEXOのHyperbolic Reflective Wavesource (HRW)は、精密に設計された双曲面音響反射板で音響エネルギーを制御し、キャビネットの外側に仮想的音源を作り出します。ラインアレイにある複数のキャビネットは単一音源であるかのように機能し、不要な干渉の無いカップリング性能を可能とします。

smart-speakers-img1
smart-speakers-img2
2

Directivity Phase Device (DPD)

従来型のラインアレイ構造ではコーンドライバーの物理的直径サイズのために、高域ドライバーのクロスオーバーに最適な周波数帯において不要な干渉を排除しつつ高域ウェーブガイドと低域ドライバーとのスムーズなカップリングを達成することは困難でした。
NEXOの画期的なDirectivity Phase Device (DPD)は、例えば8インチドライバーには、4インチ間隔で並べた2つの音響中心を持つ対の4インチドライバーとして機能させ、隣接したウーファー間でラインソースをカップリングするための周波数上限を巧みに拡張しています。

3

Configurable Directivity Device (CDD)

NEXOが特許を取得したConfigurable Directivity Device (CDD)は、「非カップリング(水平)面」のカバレッジを制御するために使われる回折スロットです。CDDは、取外し可能なボルトオンのフランジを用いることで回折スロットのフレアレート(指向角)を80度または120度に設定することができ、オペレーターまたは施工者はユーザー自身で水平カバレッジを最適化することができます。

smart-speakers-img3
smart-speakers-img4
4

The Rotatable Horn

NEXO PSのホーンは回転可能となっており、FOHやウェッジモニターなど、いずれの用途に対しても指向性を簡単に最適化できます。ステージ上のモニターのようなショートスローの場合には広い指向角で、会場後方の観客へのロングスローの場合は狭い指向角で対応できます。

5

The First Arrayable Wedge Monitor

NEXO 45°N12は、ラインアレイテクノロジーの恩恵すべてをステージにもたらしてくれます。独自の「スマイリング」ウェーブガイドは、ウェーブフロント間の干渉なしにキャビネットを結合させてアレイを形成することが可能。拡張可能なカバーエリアと音圧により、すべてのミュージシャンのニーズに応えることのできる唯一のウェッジモニターです。

smart-speakers-img5
smart-speakers-img6
6

The NEXOSkeleton™

キャビネットの強度に依存しないNEXOのGEO M6の安全性は、画期的なNEXOSkeleton™リギングシステムにより実現しました。このシステムは完全なTÜV 認証を受けており、どんなキャビネット構成についても、NEXO NS-1ソフトウェアを用いて素早く簡単に安全性のチェックを行うことが可能です。

7

The one man rigging system

音響レンタル会社の採算性向上の鍵は、機材の運用効率にあります。フラッグシップモデルのSTMシリーズに登録されている革新的なPistonRig™、CompassRig™そしてRedLock™機構は、リギングの技術的要素を1人で安全に遂行することを可能にしました。

smart-speakers-img7
smart-speakers-img8
8

Acoustic Nozzl

既存のサブベースキャビネット構造は、低周波の効率を高めるためにポートのあるキャビネットを使用しています。しかし高い音圧レベルをともなう空気流量は、従来のデザインの場合ポート周辺に乱気流(または渦)を発生させスムーズな気流を妨げてしまうため、これまではポートの横断面を広げ、その結果としてキャビネットのサイズや容量も大きくするしか解決策はありませんでした。NEXO のSTM S118では、ポートに替わり特許取得したAcoustic Nozzleを採用し、層流を安定させて低音のひずみを低減しています。

9

NeMo Remote Network Monitoring

iPad およびiPhoneで利用できる NeMoは、NXAMPネットワークの2Dマッピングが可能で、会場のどこからでもNXAMPネットワークのリモートコントロールができます。直感的なユーザーインターフェイスは、重要なパラメーター、パッチングそしてレベルコントロールすべてのモニタリングと制御を可能にし、加えてパフォーマンスログ等も提供することができます。

smart-speakers-img9
smart-speakers-img10
10

NS-1 System Configuration and Optimisation

NS-1は、あらゆる会場におけるNEXOシステムの挙動を予測することで、ユーザーによるあらゆるNEXOシステムの構成、パフォーマンスの最適化を可能にする強力なシミュレーションツールです。その直観的なドラックアンドドロップインターフェイスには高次な数学的データで処理された全てのNEXOスピーカーの測定データが収められており、あらゆるシステムの音圧とカバレッジを3Dで予測することが可能です。