World Leaders in Sound Reinforcement

NEWS & EVENTS

NEWS

ダブリンのCroke ParkでSTMがスポーツと歴史を盛り上げる!

ウィックロー州を拠点とするシステムレンタル会社であるSOUND DESIGNが、1916年に起こったイースター蜂起の100周年を記念するイベントにNEXO STMシリーズラインアレイシステムを採用した。イースター蜂起は、血の日曜日事件を含むたくさんの反乱が起きた時代で、この動乱はイギリス統治下であったアイルランドを独立へと導いた。

‘アイルランド2016’と名付けられた今イベントでは、音楽、スピーチ、シアター、そしてスポーツなど幅広いプログラムが行われる。1916年にあったように、大規模なイベントがダブリンで行われ、賛同した大人数の観客はCroke Parkスタジアムで行われたセレモニーやイベントに参加した。

今回の主賓であるアイルランドの大統領マイケル・ヒギンズ(Michael Higgins)と首相のエンダ・ケニー(Enda Kenny)も賛同し、8万2000人の観客は始めにプレミアムゲーリックフットボールリーグの決勝戦を2試合観戦し、その後は記念の舞台を観賞した。披露された舞台はタイロンプロダクションによりプロデュースされ、ディレクションはルアン・マガン(Ruan Magan)によって行われた。アイルランドの良さを前面に出すための物語で、リバーダンスを含むアイルランドの素晴らしい文化を表現した舞台となったようだ。

レンタル会社のSound Designは最近、アイルランド2016の様々なイベントに対応するため、NEXOのSTMシリーズモジュラーラインアレイをその所有リストに追加した。MDのジョン・ビッカーズ(John Vickers)は、「新しいSTM M28メインキャビネットの追加によって質が数段上がり、私たちの仕事にピッタリなシステムとなりました。より軽量で設置方法も多彩になり、舞台に吊るしてもスタジアムでグラウンドスタックしても同様のクオリティーを演出してくれています」と絶賛した。

Croke ParkはSound Designにとって、STM M28をS118サブと共に野外で使う初めてのイベントとなった。12基のグラウンドスタックが準備され、各スタックには平行に120度広がる2台のM28 2-way メインキャビネットがS118サブの上にスタックされていた。すべてのラウドスピーカーは4台のNEXO NUARユニットによって駆動され、各ラックには各3台のSTMモジュールをコントロールするための2台のNXAMP4x4が準備された。

スタックは正面観覧席前のピッチサイドに沿って設置され、またスタジアムの音響設備とも連携することで最上段の席もしっかりカバーされた。「ショーのデザイナーは、例えば100人のリバーダンサーのタップダンスのような、既設の音響設備では表現できない“勢い”とローエンドサウンドが必要でした。タイムアライメントについてはチャレンジングな部分もありましたが、我々の目的は2つのシステムを結びつける事により、NEXO STMスタックを使用してサラウンドサウンドエフェクトを作り出し、ピッチから音が出ている様な印象を与える事でした」と、NEXO独自のNS-1ソフトウェアを駆使してショーをデザインしたビッカーズは説明する。

Sound DesignはFOHとモニターミキシング用にSoundcraft Vi6コンソールを使用し、TG4によるテレビ中継の為にスタジアム内に設置された2台のTVMトラックに音声を送信。また、Sound Designの8人チームは80チャンネル以上のShureとSennheiserのラジオマイクとインイヤーモニターも制御した(=20x IEMセット、22x ヘッドセットマイク、60x ハンドマイク)。

詳細についてはこちらから:www.sounddesign.ie
Tel: +353 87 260 4362

2a 2b 2c 2d 2e 2f

« 記事一覧に戻る

CATEGORY

ページの一番上へ