World Leaders in Sound Reinforcement

NEWS & EVENTS

NEWS

香港国際空港がNEXOを採用、空港の音響システムに新たなスタンダードを確立

世界で最も新しい空港の一つに、新たに場内放送用に施工されたNEXOシステムが期待値を上回る活躍を見せている。香港国際空港のミッドフィールド・コンコースにて現在稼働中の音響設備は、NEXOにとってもここ6年間における最高クラスのシステムとなり、明瞭さ、クオリティー、そしてユーザーエクスペリエンス全てにおいて、空港における場内放送の大変革と称されているようだ。

ミッドフィールド・コンコース(MFC)は香港国際空港内の新たな建物で、30ヶ所ものゲートが追加された。香港国際空港にとって、このMFCは新たな滑走路とターミナルを多数含んでおり、空港の発展にとって非常に重要視されているスペースだ。

2011年、音響とAVのコンサルタントであるアラップ香港(Arup HK)社は、MFCの音響上、技術的、そして電気音響上のアプローチを考慮し、将来性のある場内放送のシステム計画とデザインをスタートした。同社のヘンリー・チャン(Henry Chan)は、オートメーション化された様々なアナウンスや合図の中継を異なるゾーンにリアルタイムで再生でき、かつ緊急時の放送にも適したシステムを探していたという。

これまで音声伝送フォーマットとして使用されていた既設のCobraNet用のネットワークをベースに、異なるメッセージには個別の音源と音響パフォーマンスを当てはめる必要があった。例えば、リアルタイムなアナウンスはゲートゾーン毎に、火災発生時における緊急アナウンスはターミナル全体に、といった具合だ。そしてとても重要視されたのは、香港国際空港ターミナル1の美観と建設スタイルを保つ為に、音響デザインを最小限に抑えなければならなかった点である。

3年以上密接にArup HKと空港の運営をサポートしながら、NEXOのエンジニアは様々なアコースティックとエレクトロニクスのシミュレーションを経てデザインを完成させた。2013年にプロジェクトが発表された後、最終的にはコンパクトタンジェントアレイラウドスピーカーモジュール「GEO S8」とパワードTDコントローラー「NXAMP」を使用したローインピーダンスのシステムが採用され、中国のNEXOディストリービューターであるTop Plot International Limitedの協力の下、Arup HKに香港のPCCWとの施工契約が与えられた。

MFCプロジェクトには約200台ものラインソースキャビネットが使用されたが、前述の通り、意匠の観点からそれらは吊り下げ式の巨大な非対称形の天井に隠蔽設置される必要があった。その為、GEO S805とS830の各クラスターの設置には非常に正確なシミュレーションが求められ、実際に100クラスター以上を空港の天井内に配置するには、PCCWと6ヶ月間にも渡る設置作業の期間を要したという。

スピーカーに近い人とアトリウムスペースにいるスピーカーから遠い人に同じ音圧が届けられるよう設置場所とスペーシングが綿密に計算された結果、動く歩道が設置されたセンターラインにおいてはシームレスな音響を感じる事ができつつ、同時に各サイドは別系統のシステムが高精度なサービスエリアのセパレーションが実現。ゲート毎に明瞭で自然なアナウンスが放送される中、後ろで流れる一般のPAメッセージも聞き分けるが可能だ。

スピーチの明瞭さを測るSTIの予備テストでは、ターゲットであった0.55を上回る0.62から0.7を記録した。なおシステム全体では、全てのEtherSoundネットワーク上のNXAMPが、NEXOが有するリモートモニターコントロールソフトウェアを通して監視・制御されている。

NEXOは、香港国際空港プロジェクトに広く技術的なサポートを行った。コンセプト段階においてはNEXOアジアのニコラス(Nicolas Kirsch)とパリのエンジニアサポートチームのフランソワ(Francois Deffarges)並びにデビッド(David Hochstenbach)が、現地におけるデザインインプットとバックアップにはNEXOアジアのレオ(Leo Manhimho)が本プロジェクトに携わった。

空港ターミナルに新たなサウンドクオリティーのスタンダードを作ったと言えるMFCでのプロジェクトは、将来への設計図にもなったようだ。「何年もの労力をかけた精密なデザイン、そしてコンサルタントとデザイナーのアプローチを信頼することによって、私たちは素晴らしい結果を得ることができました」と空港運営のプロジェクトマネージャーであるスティーブン・タム(Steven Tam)は言う。「ターミナル1と2を遥かに上回る音質を作る事ができ、求めていたゴールを達成する事が出来ました。新たなスタンダードが誕生したと言って良い、おそらく世界で最高の音質を誇るターミナルだと思います」。

1

2

3

4

 

« 記事一覧に戻る

CATEGORY

ページの一番上へ