World Leaders in Sound Reinforcement

NEWS & EVENTS

NEWS

GEO M6が世界有数の教育機関で採用される

新学年度に向け、NEXOコンパクトGEO M6ラインアレイシステムが新たに2つの世界有数の教育機関で採用された。両者とも、システムの卓越した能力に対する驚異的なコンパクトさと柔軟性が評価されての導入となったようだ。

・ロンドンのミルトン・キーンズでは、デンビースクールが舞台芸術学部の為に新たな校舎をオープンした。新校舎の多目的スペースには、生徒の音楽、ダンス、舞台などの活動が増えることを予想してモジュラー構成のNEXO GEO M6を採用した。

ミュージックテクノロジーのリーダーで、FOHエンジニアでもあるデイヴ・ウィルキー(Dave Wilkie)は、NEXOのディーラーでありインストーラーであるFabtronicと共にオーディオや照明機器の構成を検討したという。彼によると、「GEO M6のモジュラーデザインは私たちがやりたいことにとても適していました。最下段のボックスの(垂直・水平それぞれの)角度を調整するだけでカバレージの範囲を変更できるため、どんな大きさのスペースでも柔軟に使えます」とのことだ。

デンビースクールのシステムは、6台のGEO M6キャビネットと共にステージエリアの各サイドにLS18サブを1台ずつ配置。「我々の施設は吊り物に対する耐荷重が十分ではないのですが、今回のシステムは片側で70kg程度で、しかもほとんど目立ちません。スピーカーシステムはDanteネットワークを通じてYamaha QL5コンソールと接続し、モデリングにはNEXOの専用ソフトNS-1を使用しました。実際に音を出してみて、座席エリア全体の信じられないほどの音の均一さに驚きました」。

学校は、ポールマウント用のオプションハードウェアとホイールボード(台車)も購入。これにより、デイヴはモジュールをアレイから外し、他の場所でも使えるポータブルシステムとして運用することも可能となった。

・ オックスフォードのセント・エドワーズ大学は、North Wall Theatreの為に10台のGEO M6キャビネットを購入した。ここでは、ライブ音楽から舞台、映画の上映からスピーチのプレゼンテーションまで様々なイベントが行われる。

製品の供給元であり、施工も行ったのはNEXOのディーラーであるA.C. Entertainment Technologiesのオーディオセールス部で、このプロジェクトはスティーブ・イートン(Steve Eaton)と学校のAV担当であるクライヴ・スティーブンソン(Clive Stevenson)が担当した。メインのFOH PA用には、各サイドに3台ずつ高曲率のミニアレイとしてセットアップされた計6台のM6モジュールを使用。その他の4台は、2台一組の2基がホールの後方補助用として設置された。また、これらのシステムには4台のNEXO LS18サブも含まれ、NXAMP4x1コントローラーアンプによって駆動されている。

クライヴ・スティーブンソンは今回のシステムについて、特にコンパクトなサイズでありながら音楽的パフォーマンスがとてもしっかりしている点に感激したという。

アレイ設置が可能なGEO M6キャビネットは、スピーチや音楽に必要な高い明瞭度と高音圧のアウトプットを兼ね備えている。M620は単独でも、ペアでも、3台一組で高曲率に設置されたアレイでも、そして12台のキャビネットを組み合わせたラインアレイでも、そのアプリケーションに合わせて自在に使い分けることが可能だ。また、NEXOの様々な簡便アクセサリーを使うことで、フライングすることも、壁に設置することも、ポールに設置することも、グラウンドスタックすることもでき、NEXOの幅広いラインナップのサブベースキャビネットと組み合わせることでハイクオリティなポータブルSRソリューションも簡単に作り上げることができる。加えてGEO M6BベースエクステンションをM620ラインアレイに組み込むこともでき、アレイ長を伸ばすことによって、中低域の指向性コントロールと出力をさらに補強することも可能となっている。

お問い合わせ:
A.C.Entertainment Technologies: Tel: 0044 (0) 113 255 7666
E-mail: sales@ac-et.com

Fabtronic: Tel: 0044 (0) 1604 638100
E-mail: info@fabtonic.co.uk

55d611cedb74d_lightbox original

« 記事一覧に戻る

CATEGORY

ページの一番上へ